イラストは書籍を使って習おう - Learn Illustrations

イラストは書籍を使って習おう

イラストを学ぶには書籍は最適な第一歩

素敵なイラストが描けるようになりたい!でもどうやってイラストを勉強したらいいか分からない...と悩んでいる人はいませんか?周りにイラストをやっている人もいないし、専門学校や美術教室で習うのは少し敷居が高いし、とイラストをはじめる時にはいろいろと悩むもの。そんな人にお勧めしたいのが、「書籍から学ぶ」方法です。
イラストや美術に関する書籍は、これまでに沢山のものが出版されているので教材も豊富。最近ではネットからイラストを学ぶ人も増えてきていますが、情報が素人からプロまで玉石混合なところがあり取捨選択が大変です。その点書籍ならその道の第一人者が解説してくれていることが多いため、安心して勉強することができます。イラストの描き方の初歩からプロ並の技術、配色やデザインに関する専門的な知識まで、幅広い分野に関することを書籍からは学べますよ。

書籍にはイラストに役立つ知識がいっぱい!

まずは初心者向けのイラスト入門のような書籍を一冊、最初から最後まで読んでみるのがおすすめです。たいていサンプルのイラストの描き方を解説しながら学んでいくタイプの本が多いので、まずは解説に沿ってサンプルを自分で描いてみましょう!解説だけ読んで分かったような気になるのは、一番よくないやり方です。
イラストの描き方に自信が付いてきたら、イラストを描く上での物の見方やとらえ方などを解説した書籍も参考になります。脳の右側を使って描く方法やイラストのアイデアの発想法など、目からウロコのような情報が得られることもあるのでチェックしてみてください!
またポーズ集やいろいろな資料写真、サンプルイラストなど、イラストを描く上でなくてはならない資料も書籍で揃えておけば便利です。最近ではCD-ROMなどが付録についていることも多いので活用してみましょう。上手に書籍を使って、イラストを上達していけるといいですね!